グループホームあらしま サービス案内 | 医療法人豊和会

グループホームあらしまの生活

①少人数の認知症高齢者が共同で生活する場です。
②それぞれが個室を持ち、料理や掃除などで仕事を分担したり、 一緒に買い物や散歩をしたり、趣味に打ち込んだりします。
③家庭菜園で野菜や花などをみんなで栽培して楽しんでいただけます。
④介護スタッフは看護師も含めて、入居者2人に対し1人程度従事しますので他の施設に比べてもはるかに充実しています。
⑤制度上は施設介護ではなく在宅介護に分類され、文字通り少人数の高齢者が一緒に助け合い、楽しく生活していただく形です。
⑥居心地、住み心地が良いので、グループホームは明るく笑顔に満たされています。
⑦それぞれの個室には、なじみの家具などを持ち込んでいただき、心の落ち着く自分自身の空間を作る事ができます。

サービス

▼認知症対応型共同生活介護計画の立案
▼食事(利用者と共同で自炊し、見守り・介助)
▼入浴(家庭的なお風呂で見守り・介助)
▼生活相談
▼健康管理
▼所持品や小遣いなどの保管・調整
▼美容室、レクリエーション、その他

認知症カフェ「たまカフェ」3ヶ月に1回開催!

認知症の方とご家族、地域住民、介護専門職の方など誰もが気軽に参加でき、集える場として認知症カフェを開催し、認知症ではないかと不安を抱く人、認知症介護で悩みを抱えてみえるご家族など様々な方に対し、認知症の正しい理解や介護予防、介護相談を通して情報発信を行っていきます。

お食事などは?

朝食・昼食・おやつ・夕食を個々の入居者の嗜好・健康状態に応じて作ります。入居者の体調が悪い時はおかゆ、刻み食、ミキサー食などで対応。アレルギーの方には別メニューを提供しています。おやつ以外に食べたい物はお買い物で購入することができます。

掃除・洗濯などは?

スタッフと入居者が協力して行います。本人様の能力に応じて日常の暮らしを行うことで、生活の楽しさや自信をもつことを促していきます。洗濯物干し、たたみ、食器拭きなど、その方に出来ることを手伝ってもらっています。

レクリエーションとは?

台所や談話室など家庭的な雰囲気の中で、お茶・音楽・会話・裁縫・書道・華道など様々なレクリエーションを行いながら趣味を楽しむことができます。編み物・カラオケ・ゲームなどはみんな一緒に交流を深めながら楽しまれています。知り合いの方の音楽ボランティアなども来ていただいています。散歩や食材の買物などの外出も希望に応じて行なっております。